ランドセル選びで必要なことを要チェック【子どもの意見を聴こう】

最新記事一覧

幸せを分け与えるもの

赤ちゃん用品

金額や品物の特徴

赤ちゃんが生まれた後に出産祝いを頂いた方に出産内祝いをお返ししますが、本来内祝いはお返しという意味だけではなく、内輪のお祝いということですから喜びの気持ちを分け与えるという意味合いがあります。そのため、出産内祝いを贈る時期については出産祝いを頂いてから1ヶ月以内に早めに贈るようにしてください。もし、体調不良で遅くなってしまう場合でも2ヶ月は空けないように注意して下さい。出産内祝いに使う費用は頂いた祝い金の半額から3分の1位が相場とされています。ただし、10万円といった高額なお祝いを頂いたときには、相場通りの半額の5万円相当の品物を出産内祝いでお返しすると相手は逆に気を使わせることになるので、相場にこだわらずに他の人より少し高級なもの程度で充分です。出産内祝いの品物を選ぶ時には、産まれたばかりの赤ちゃんを連れて品物を選びにいくことは大変なので、最近では通販やカタログギフトを利用する方法が増えています。通販サイトの中には出産内祝い専用のサイトを構えているところもあり、赤ちゃんの名前や赤ちゃんの生まれた体重など赤ちゃんに関係する商品を数多く取り揃えています。商品の種類も定番のタオルやスイーツから自分では思いつかないようなユニークな出産内祝い品もあるので、一度閲覧してみると参考になります。贈る品物は身内には赤ちゃんの名前や写真の入ったアイテムでも良いですが、それ以外の人には食品のようななくなるものの方が気軽に扱えて嬉しいものです。

Copyright© 2018 ランドセル選びで必要なことを要チェック【子どもの意見を聴こう】 All Rights Reserved.