ランドセル選びで必要なことを要チェック【子どもの意見を聴こう】

感謝の気持ちを伝える

赤ちゃん用品

出産内祝いには、親族であれば赤ちゃんの名前や由来するものを贈ると喜ばれます。一方、友人や同僚には負担にならない食品や日用品が喜ばれます。選ぶ時には自分では買わないけれどもらえると嬉しいものを楽しむ気持ちで探して下さい。

詳しく見る

最新記事一覧

丈夫さと軽さで決める

ランドセル

最後に色を選ばせる

小学校に入学する前にランドセルを購入するときには、子供の好きな色や形をメインに決めてしまうことが多いですが、小学校を卒業した後にもう一度ランドセルを購入する場合は、丈夫さと軽さをメインに選びたいという調査結果が出ています。6年間使うことになるランドセルは手荒に扱ったとしても型崩れしない丈夫さが必要です。特に男の子は見ていないところではランドセルを投げたり、落としたり過酷な使われ方をしています。今のランドセルは丈夫に作られていますが、6年間使えることを保証したランドセルも販売されているので選ぶようにしてください。小学校低学年の間は大きなランドセルにたくさんの教科書やノートを入れて登下校するのはなかなか大変なことです。近年ゆとり教育から脱却したことによって教科書の厚さが増して重みが増す傾向もあります。丈夫さと軽さは相反するものになりますが、軽い人工皮革でも6年間保証してくれるランドセルもありますし、重い素材の牛革やコードバンでも強度を必要としない部分は薄い皮を使ったりと軽量化対策をしてある製品を選ぶとよいでしょう。人工皮革のランドセルは色やかざりのレパートリーがとにかく豊富です。牛革のものでも何色もラインナップされています。子供の9割近くは色を中心にランドセルを決めますので丈夫さと軽さを重点においておいて製品を決めておいて、最後に好きな色を子供さんに選ばせるといった方法が最もよいでしょう。

こだわったものを贈ろう

子供

牛革のランドセルのメリットとして非常に丈夫であること、使用すれば使用するほど味が出ることがありデメリットとしては水に弱く、濡れてしまった際には手入れが必要になることがあります。メリットデメリットそれぞれを考慮することで最も良い選択をすることができるのではないでしょうか。

詳しく見る

女の子の節句

雛人形

雛人形の習慣が始まった起源説はいくつかありますが、江戸時代には嫁入り道具として豪華で贅沢な品物が出回っていました。女の子の健やかな成長を願って、母方の祖父母が誕生祝いに贈るのが一般的な習慣になっています。

詳しく見る

幸せを分け与えるもの

赤ちゃん用品

出産内祝いを贈る時期はなるべくお祝いをもらってから1ヶ月以内にするようにしましょう。出産内祝いに贈る品物の相場はもらったお祝いの半額から3分の1位で、身内以外には食品のような気軽に消費できるようなものが理想的です。

詳しく見る

壊れることはめったにない

ランドセル

ランドセルの生地そのものが破れたり切れたりということはなく、壊れるとすると縫製がほつれたり、金具が壊れることになるので、縫製や加工を確認するようにしてください。ランドセルは水分に強くないので、濡れたらすぐに拭くようにし、内部に湿気をためないようにしてください。

詳しく見る

Copyright© 2018 ランドセル選びで必要なことを要チェック【子どもの意見を聴こう】 All Rights Reserved.